魚類の成長をよくする訳

1、溶存酸素の増加で魚類が活発に行動し、エサの食いが良くなり、成長する

2、アンモニアを分解するには酸素が必要で、溶存酸素が減少するとアンモニアの分解できず、時としに死ぬこともある。

3、糞及び食べ残しが海底、湖底に沈み、腐敗することで魚類の成長に影響するが、溶存酸素が多いことで沈殿物の分解が早まり、湖底が綺麗になる。

4、水槽および海水内に汚れ分が浮上し、水流により移動および外へ排出され、水槽内が綺麗な状態を保てる。







2020/07/07









<