ウルトラファインバブル(ナノバブル)の特徴

ウルトラファインバブル(ナノバブル)の特徴は浮上速度が遅いや、水に溶けやすい、水中の物質に吸着する、泡が破裂しにくいと言った特徴があります。

まず最初の浮上速度が遅いとは、普通に発生する泡と比べるとかなり小さくなっており、そのせいで浮上が緩やかです。

2つ目の水に溶けやすいは、水とウルトラファインバブル(ナノバブル)の中心が近いことによって大きい泡と比べると溶けやすくオゾン効果などでつかいやすくなります。

3つ目の水中の物質に吸着しやすいのは、小さい泡なので特質があり、それはマイナスの電気を帯びています。そのことでゴミや有機物を吸い上げます。

それは1つ目で言った浮上速度が遅く、ゴミを吸い上げる力があることにより、1つ1つのウルトラファインバブル(ナノバブル)がしっかりと水をキレイにしてくれます。

そして最後に泡が破裂しにくいはマイナス電流のおかげで、マイナスとマイナスは引っ付かないので、大量にナノバブルを発生させても、泡同士がぶつかったりしないので、浮上できる確立が上がるだけのことです。

これらがウルトラファインバブル(ナノバブル)の特徴です。この特徴でウルトラファインバブル(ナノバブル)は水の浄化に適していると思われます。







2020/037/07








<