ウルトラファインバブルの効果

1.洗浄効果

2.水質浄化・改善

3.臭気、悪臭の消臭効果

4.菌、ウイルスの死滅効果

ウルトラファインバブル(ナノバブル)はマイナス(−)電荷を帯びているため、水中に漂うプラス(+)の電荷を帯びた微細な異物に吸着する力を持っています。

また、この吸着する力を利用する事と吸着後、最終的にウルトラファインバブル(ナノバブル)が潰れた時に数千℃と数千気圧の圧力が局部的に発生し異物を分解する事から、洗浄効果、水質浄化・改善、消臭効果、菌・ウイルスの死滅に貢献できるという事です。

現在、産業、医療分野でもその効果が証明され、更なる研究が進んでいます

@)生物の生育に良い環境を与える。

ウルトラファインバブル(ナノバブル)水で養殖される養殖魚の成長が2倍ほど早く、通常の出荷できる期間が半分に短縮された。(トラフグ)

A)魚の鮮度を保つ

窒素を溶かしたウルトラファインバブル(ナノバブル)水で魚を入れておくだけで、5日間鮮度が保てる。

B)洗浄水としてのウルトラファインバブル(ナノバブル)水

西日本の高速道路サービスエリアでは、ウルトラファインバブル(ナノバブル)水でのトイレの洗浄が実用化され、その効果が証明されています


ウルトラファインバブル(ナノバブル)の特徴を上手く活用すれば化学物質を使用することなく様々な機能を液体に付加する事ができるからです。

各分野(環境・農業・食品・水産・洗浄・産業・美容・医療)において、その証明と研究が進んでおり日本発の改新的技術として産学官が一体となり世界をリードし、その認識は高まっています。

また、気泡の持つ優れた特性を活かし、各産業において水質浄化や、工作機械の冷却、殺菌効果を活かし、農作物の無農薬化等、既に実用化されています。

その一方で生活用途への適応は遅れているといえます。製造コストや、取り付けの困難さ、スペース面等が大きな原因だと考えます。

生活面においてウルトラファインバブル(ナノバブル)の用途は浴室での使用、食器等の洗浄、洗濯、植木への水やり等、多岐に渡ると考えられます。特に、近年においては食物事情の変化により水道水に対するアレルギーを持つ人が多く、肌荒れ等の症状が多く報告されています。

ウルトラファインバブル(ナノバブル)を用いることで、こうした症状が大きく軽減されることも確認されています。

現在、ウルトラファインバブル(ナノバブル)の技術を利用した、代表的な家庭用製品はシャワーヘッドのみです。

その効果(洗浄力・保湿力・消臭力等)を最大限に活かしたシャワーヘッドに人気が集まりよく売れていると聞いております。


ウルトラファインバブル(ナノバブル)と医療

ウルトラファインバブル(ナノバブル)は医療の現場でも活躍しているというニュースを聞きました。

特に先日テレビでも取り上げられていましたが、歯周病の予防にも効果があるとされています。

ウルトラファインバブル(ナノバブル)は強い殺菌力があるが、飲料も可能なほどに安全性が高い点も評価されている。

安全性が高いので、口の中を治療する歯科医でも、歯周病の治療時や治療後のうがいに用いることで口内の歯周病を抑制するのに大きく役立っているようです。歯周病とは、歯と歯肉の境界部分に付着した細菌や、歯石が原因です。

歯周病が進行するとついには歯が抜け落ちてしまうこともある。

原因としては口内細菌なので、ナノバブルによって口内を清潔に保ち、歯と歯の間や、歯と歯肉の間などのが歯ブラシではなかなか落とすことのできない場所にまで行き届いた洗浄が可能であることからナノバブルが治療として注目されているのだと思う。

ナノバブルで治療で歯周病の細菌の活動がほとんど無くなったという研究も報告されているようで、

今後はこのナノバブルが癌治療にも効果的でないか?という研究も進められているようだ。





2020/07/07









<