ウルトラファインバブルとは

ナノバブル(英: nano bubble)とは、微細な気泡のことである。厳密な定義は応用分野や生成方法によって異なっており難しい。一般的には1μm以下のナノメートル単位のものがナノバブルと呼ばれる。気泡が極小のため、発生させても肉眼では透明な水に見える。現在、種々の分野において研究が行われている

ナノバブルとはその名の通り、極小の気泡のこと。一般社団法人微細気泡産業会では1?以下の微細気泡をウルトラファインバブル(ナノバブル)と定義しています。

1?=0.001?、0.000001mmであり、ナノバブルは肉眼では確認ができず、一般的に目で見える泡とは比べものにならないほど小さい気泡です。

単位: ?(マイクロメーター)1/1000mm

?(ナノメーター)1/1000? = 1/1,000,000mm


微細気泡の定義

1.通常の泡 直径100?以上

2.マイクロバブル 直径100〜1?

3.ナノバブル(ウルトラファインバブル) 直径1?以下(=1000?以下)

*ファイン(fine)とは美しいという意味ではなく、細かいという意味を表しており、

「非常に細かい泡」という意味です。

上記は微細気泡産業会の定義ですが、他社では様々な定義を用いているところもあります。


1.一般的に水中にある通常の泡は、水中を上昇し破裂します。

2ナノバブルはゆっくり上昇しながら縮小され消滅します。

3.ナノバブルは表面にマイナス電荷を有し、凝縮したイオンの殻を被った気泡です。言い換えれば、泡の周りにマイナスイオンをコーティングした状態という事になります。その効果で常にブラウン運動という不規則な運動を行っており、この力が泡の浮力よりも大きい為、ナノバブルは浮かない泡であり、長時間水中に存在する事ができます。





2020/07/07





<